• お問い合わせ よくあるご質問

閉じる

都内屈指のパワースポット、東京スカイツリー®でみんなの1番の願いを書いたリボンを結ぼう!

W1shリボン

東京スカイツリー®の天望デッキには、お客さまそれぞれの願いが書かれた色とりどりのリボンが「W1SH RIBBON」と「Tree of Hope」の2つのモニュメントに結ばれています。
「W1SH RIBBON」は、東京スカイツリーが世界一高いタワーであることの1にちなみ、一番叶えたい願い=WISH を“W1SH”と表現。2020年9月に、国内がコロナ禍で厳しい状況となる中で、『この困難を乗り越え、新たな未来に向けて前進するすべての人の気持ちを後押ししたい』という想いを込めて、初めて設置したモニュメントです。
そして「Tree of Hope」は、翌年4月22日のアースデーを機に実施した、世界中の願いや希望を集め、その想いを発信することで人々の結束や団結、平等を願うグローバルキャンペーン『W1SH RIBBON DISCOVER & CONNECT THE WORLD』をきっかけに、このキャンペーンの趣旨に賛同いただいた世界で活躍する写真家 レスリー・キー氏のディレクションにより、東京スカイツリーが世界の希望のシンボル “木=Tree” となるよう想いを込めて誕生しました。

W1SH RIBBON

▲ W1SH RIBBON

Tree of Hope

▲ Tree of Hope


どちらのモニュメントも、「自分自身の一番の願い」や「みんなで一丸となってかなえたい想い」、など、それぞれの一番の願いをリボンに書き込んで結びつけて行こうと言う願いのスポットです。
東京スカイツリーは、実は都内屈指のパワースポットとも言われているのをご存じでしたか?
世界一高いタワーで、あなたの一番の願いをリボンに込めてこれらのモニュメントに結びつけましょう!


参加方法

「W1SH RIBBON」「Tree of Hope」両モニュメント付近に設置したカプセルトイマシンで様々な色のリボンとオリジナルグッズが入ったカプセルを購入し(税込500円)、中に入っているリボンに願いを書き込んでお好きなモニュメントに結び付けましょう!

※カプセルの中のオリジナルグッズはお土産としてお持ち帰りください。


モニュメント モニュメント モニュメント

※リボンの色はお選びいただけません。

※カプセルトイの売上の一部は、認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパンの「新型コロナウイルス緊急支援事業」へ寄付します。


東京スカイツリーは都内屈指のパワースポット

東京スカイツリーは、富士山や明治神宮、皇居(昔の江戸城)、鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)など、古代遺跡や聖地が一直線に並ぶ「レイライン」の上に建っており、ポジティブなエネルギーが集まる場所と言われています。
同じくパワースポットとして親しまれている日光東照宮のある日光は、古くは二荒山(男体山)が発する“気”を江戸城まで送る要所とされており、東京スカイツリーは、この“気”の通り道である「龍脈」にも立地しています。 そして、皆さんの一番叶えたい願いが込めれたリボンは、レイラインはじまりの場所に位置する鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)にお納めします。

地図

鹿島神宮

鹿島神宮は、常陸国風土記では神武天皇元年(紀元前660年)の創建と伝えられる由緒正しい、長い歴史を持つ神社。日本全国に約600社ある鹿島神社の総本宮であり、平安時代には、国の守護神として篤く信仰され、中世~近世以降は源頼朝、徳川家康などの武将の尊崇を受けて参りました。祭神は武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)で、武の神として古くから広く信仰されています。

△鹿島神宮「写真提供/鹿島神宮」

▲鹿島神宮「写真提供/鹿島神宮」


皆様のW1SH RIBBONをお納めしました!

2021年10月末時点で、両モニュメントに結ばれたリボンは、実に約13,000本以上になりました。
東京スカイツリーの展望台から見て、東に位置する茨城県鹿嶋市の鹿島神宮方面から日が昇り、西の富士山頂に日が沈みダイヤモンド富士となる、太陽の動きに由縁する立冬の2021年11月7日(日)、モニュメントに結ばれたリボンの一部(約10,000本)をレイラインの始まりに位置する鹿島神宮に初めてお納めしました。

鹿島神宮 本殿で行われた正式参拝の様
鹿島神宮 本殿で行われた正式参拝の様

鹿島神宮 本殿で行われた正式参拝の様

▲鹿島神宮 本殿で行われた正式参拝の様

皆さまの願いが書かれた大切なW1SH RIBBONは、今後も一定期間ごとに鹿島神宮へお納めします。

「W1SH RIBBON」の売上の一部を新型コロナウィルス医療支援活動に寄付しました

2020年10月の「W1SHRIBBON」スタート当初から2022年3月末までに皆さまがご購入いただいた「W1SHRIBBON」の売上の一部からの寄付額は、総額で1,952,825円となりました。
東京スカイツリーは、2021年4月および2022年4月に、新型コロナウイルス感染症に立ち向かう国内外の医療福祉施設などへの物資支援や病院等での医療支援に役立ててもらうため、特定非営利活動法人「ピースウィンズ・ジャパン」の活動に寄付いたしました。 私たちは今後も「W1SH RIBBON」を通じた支援活動を継続してまいります。皆さまの「W1SH RIBBON」へのご参加、誠にありがとうございます!

寄付贈呈時(2021年4月)

▲ 寄付贈呈時(2021年4月)
(写真右:ピースウィンズ・ジャパン 大西代表理事)

特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン

特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパンは、国内外で自然災害、あるいは紛争や貧困など人為的な要因による人道危機や生活の危機にさらされた人びとを支援する国際協力NGOです。
これまでに世界36カ国で活動し、緊急災害支援プロジェクト「空飛ぶ捜索医療団」の運営や、社会問題の解決を目的とした活動に力を入れてきました。地域活性化や犬や猫の殺処ゼロを目指した動物の保護・譲渡活動などにも取り組んでいます。
新型コロナウイルス感染症に対しては、2020年1月末に緊急支援を開始し、国内外2,100 以上の医療・福祉施設などに医療物資等を届けてきました。特に、政府などの支援が届きにくい中小のクリニックや診療所は民間の力で支えることが何より大切なことだと考え、寄付金などを活用し、医療・福祉施設等への物資支援、医療チームの派遣等に引き続き取り組んでいます。

ピースウィンズ・ジャパン

東京スカイツリーの安全対策について



※一部の写真はイメージです。

©TOKYO-SKYTREE

戻る