2021.07.09プレスリリース

オリンピズムアニメーション「Tomorrow’s Leaves」上映について

東武タワースカイツリーは、IOCがオリンピック文化遺産財団を通じ、制作したオリンピズムをテーマにした短編アニメーション映画「Tomorrow's Leaves」を地上350メートルの天望デッキ「SKYTREE ROUND THEATER®」にて上映します。
本アニメーションは、IOCがオリンピック文化遺産財団を通じて行う、大会期間中及び大会前後の期間におけるスポーツとアート・文化・教育の繋がりを促進する試みとして、制作されました。
オリンピックの価値である「Excellence/卓越」、「Friendship/友情」、「Respect/尊重」を伝えるオリジナルストーリーを、日本が誇るアニメーション技術で表現しており、場所や文化、言語を超えて、誰もが楽しめる作品です。
企画制作は「メアリと魔女の花」や「ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-」を手がけ、世界中から注目を集めるアニメーション映画制作会社スタジオポノックが担当しています。
天望デッキからの美しい夜景と共に本アニメーションをお楽しみいただき、多くの方へオリンピズムや日本のアニメーション文化を発信することで、東京2020オリンピック競技大会の成功に貢献してまいります。
詳しくはこちらをご覧ください。

戻る