TOBU group

TOKYO SKYTREE

Loading

電波塔としての役割

地上波デジタル放送と東京スカイツリーの役割

東京スカイツリー概要

東京スカイツリーの大きな役割は地上デジタル放送の送信です。2003年12月より関東地方の地上デジタル放送が開始されておりますが、電波の送信について都心部に林立する200m級超高層ビルの影響を受ける可能性が出てきました。そこで600m級の新タワーからの送信が望まれたのです。

600m級の新タワーに移行すると、地上デジタル放送の送信高は現在の約2倍となりますので、年々増加する超高層ビルの影響を低減できると共に、2006年4月に開始された携帯端末向けのデジタル放送サービス「ワンセグ」のエリアの拡大も期待されています。

また、災害時には防災機能のタワーとしての役割も期待されています。

東京スカイツリーのイメージ

沿革

  • 2003年

    12月
    在京テレビ6社「新タワー推進プロジェクト」が発足
  • 2004年

    12月
    東武鉄道、「新タワー誘致に関する要望書」受領
  • 2005年

    2月
    東武鉄道として新タワー事業に取り組むことを表明
  • 2006年

    3月
    墨田・台東エリアが新タワー建設地として最終決定
  • 2007年

    12月
    在京テレビ6社と新タワーの利用予約契約を締結
  • 2008年

    6月
    新タワーのネーミングが「東京スカイツリー」に決定
    7月
    着工
    12月
    TOKYO MXと新タワーの利用予約契約を締結
  • 2012年

    4月
    マルチメディア放送(ジャパン・モバイルキャスティング) 本放送開始
    FMラジオ(NHK、J-WAVE) 本放送開始
    タクシー無線(関東自動車無線協会)本運用開始
    10月
    TOKYO MX サイマル放送(東京タワーと東京スカイツリーの両方から放送)開始
  • 2013年

    5月
    TOKYO MX 送信点移転完了(東京スカイツリーからの放送のみとなる)
     
    在京テレビ6社 本放送開始
    (NHK、日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビ)
  • 2015年

    12月
    在京AMラジオ3社 FM補完放送 本放送開始
    (TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送)